曹洞宗高巌山 興聖寺
  縁起  興聖寺 > 木造釈迦如来坐像 > 縛り不動明王坐像 > 旧秀隣寺庭園  
 
木造釈迦如来坐像(国・重要文化財)
 

九五〇年前、後一条天皇と中宮藤原威子との間に出生された皇子が
朽木に隠されていたが、 薨去後、藤原頼通は仏師に三尊仏を祀り
皇子の霊を慰められた。その一体が本尊釈迦如来坐像で定朝一派
の作である。明治四十二年国宝に、昭和二十五年国重要文化財に
指定される。

 
 
 
    縁起  興聖寺 > 木造釈迦如来坐像 > 縛り不動明王坐像 > 旧秀隣寺庭園  
 
 

トップページ
縁起
関西花の寺
写真
住職のひと言
アクセス
お問い合わせ
リンク